神戸刑事事件相談

法律相談のご予約はこちらから 078-325-5585
  • HOME
  • 事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 相談の流れ
  • アクセス
  • お問合わせ
  • HOME
  • 交通事故事件

交通事故事件

交通事故における刑事責任

_MG_64720013.png   人身事故をを起こした場合(自動車運転過失致死傷罪)
特に悪質な事件の場合(危険運転致死傷罪)
信号無視無免許運転スピード違反ひき逃げなどの場合(道路交通法違反)

上記のような場合に「刑事責任」を問われる可能性があります。
 

逮捕されるような事件は、被害者が死亡してしまった場合や被害者に重症を負わせてしまった場合が大半です。
 

交通事故事件の対応策

交通事故事件において大きな問題になるのが過失(不注意)の有無です。
 
過失がなかった場合や、避けようにも避けられないような事件であった場合などには、不起訴処分の獲得を目指します。
 
事故の状況については、ご相談者の発言はヒントにはなりますが、決め手にはなりません。
ご相談者の状況説明を聞いて、弁護士が現場に赴き事実関係の調査を行います。
警察や検察ももちろん調査しますが、特に過失の有無を争うような場合には、こちらもしっかりと調査することが重要です。
 
過失があると判断された場合でも、謝罪と賠償を尽くし、刑の軽減をはかります。
 
また死亡事故で起訴されたとしても弁護活動によっては、執行猶予付きの判決を獲得し刑務所に入らないで済む場合もあります。
 
交通事故問題は、車やバイクに乗る人であれば、誰しもが事故に巻き込まれる可能性ありがあるものです。中には悪質な事件もありますが、その多くは悪気なく、偶然に巻き込まれてしまった方々ばかりです。
突然のことで、ご自身でどう対応してよいかわからないことが多いと思います。
 
まずは専門の弁護士にご相談されることをお勧めいたします。
 

 

刑事事件に関する他の記事はこちら

刑事事件の流れ

刑事事件の種類

捜査について

起訴について

公判について

判決について

量刑について

事実認定について

犯行以外に関する量刑の事情

証拠の種類

刑務所について

仮釈放

勾留とは

勾留から起訴の流れ

逮捕、勾留からの脱却方法

児童ポルノ

盗撮事件

児童買春について

痴漢事件について

裁判員制度の流れ

裁判員制度の対象となる事件


※当事務所は、個人情報保護法に基づき個人情報等を厳重に管理し機密保持に努めるものとします。

お気軽にご相談下さい。スタッフが丁寧に対応させていただきます。

解決事例

弁護士紹介

弁護士費用

相談の流れ

お問い合わせ

アクセス


Copyright (C) 2013 神戸ライズ法律事務所 All Rights Reserved.